【ゲーム】デュープリズムの続編かリメイクを出してくれ!神BGM再来希望

デュープリズムお願い
こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

ゲームって素晴らしい!

ゲーム好きですか?
私は大好きです。
恐らく私ぐらいの年齢の方はゲームの進化と共に成長してきたかと思います。

今回は過去プレイした数多のゲームの中で、リメイクしてほしい!
もしくは、続編出して欲しい!

そう強く願っている作品の1つであるデュープリズムについてお話したいと思います。

本当に神作だったな

こよカツ
こよカツ
この記事を読んで分かる事
  • デュープリズムというゲームの素晴らしさ
  • 好きなBGMベスト5
もくじ

ミントがかわいい!デュープリズムのあらすじやキャラクター紹介!

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

まずは概要!

『デュープリズム』(DEWPRISM)は、1999年10月14日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売された
PlayStation用アクションRPGゲームソフト。
2002年2月21日には再発売、さらに2007年1月25日にも「レジェンダリーヒッツ」として再々発売されることになった。2010年6月23日からはゲームアーカイブス(PS3・PSP)での配信も開始されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

1999年、だいぶ昔ですね。
当時はノストラダムスの大予言とかで盛り上がってました。

何かのゲーム体験版がやたらと入ったディスクで初めてプレイした記憶があります。
主人公が2人でそれぞれ違う物語というののが幼い私にはものすごく新鮮でした。

体験版は1ボスまでしか進められなかったのですが、クリア後に流れる曲がものすごく好きになって何度も何度も最初~1ボスを繰り返していました。

後々調べたらテーマ曲だったぜ

こよカツ
こよカツ

曲名:デュープリズムのテーマ(Theme of Dewprisme)
気になる方は是非検索してみて下さいね!

デュープリズムのあらすじと2人の主人公ルウ&ミント

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

気になるあらすじとキャラクター紹介!

ストーリー

どんな願いも叶えてしまうと言われる、究極のマジックアイテム【遺産】――
これは、それぞれの願いを叶えるために【遺産】『デュープリズム』を探し求める少年と少女の冒険物語である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

もうこれだけでワクワクします。
今読んでもその気持ちになるという事は、当時の私はまさにテンション爆上がり状態。

そんなデュープリズムには主人公が2人存在し、それぞれ違ったストーリーが展開されます。

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

メインキャラの2人です、ミント様が可愛い!

キャラクター紹介:ルウ

画像左側にいるやたらとでかい斧を持った少年。
彼が主人公の1人『ルウ』です。

ルウ編は終始シリアスな雰囲気で進んで行くぜ

こよカツ
こよカツ

ルウは綺麗な姉ちゃんと穏やかに暮らしていました。
そしたら変な右腕したやつが急に襲ってきて、姉ちゃんがお亡くなりになった・・・

【遺産】の力で姉ちゃん生き返らせたい。

ストーリーの軸が亡くなった姉(のような存在)を生き返らせる為に奔走するという内容。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

そりゃシリアスにもなりますよ!

戦闘方法は見た目から分かる通り斧で敵をぶった切ります。
そしてルウの固有技として、倒したモンスターが落とすメダルを拾うと、そのモンスターに変身できます。

ストック出来る数が決まっており、どれを残すかをある程度考えながら進めていくところが面白いポイントでした。

でも結局斧が最強でした。

力こそパワーだ

こよカツ
こよカツ

キャラクター紹介:ミント

対して右側にいるやたらとでかい靴を履いている少女。
もう1人の主人公『ミント』です。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

最後までコメディ調で進んで行きます!

東天王国という国の第一王女にして第一王位継承者なミント。
わがまま・食いしん坊・自分勝手という三拍子そろった問題児。

王女として相応しくないと判断され、妹のマヤにその座を奪われてしまいます。
怒り狂うもマヤの持つ【遺産】ブック・オブ・コスモスには歯が立たちません。

ならば自分も【遺産】を手に入れればいいと考え国を飛び出すのです。

安直な考えは嫌いじゃないぜ

こよカツ
こよカツ

戦闘方法は丸っこいリングで敵をぶっ叩きます。

また、固有技として魔法も使えます。

※魔法の種類はストーリーなどで増えていく。

しかし何よりも強力なのが蹴り。
履いている靴を見ても分かる通りその威力は計り知れません。

蹴りはジャンプ攻撃扱いなので最終的にピョンピョンする事になります。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

こちらも力こそパワー!

デュープリズムのミントは可愛い?いやいやマヤちゃんでしょう!

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

最推しマヤ様~

もちろん私にも推しキャラがいます。
ミントの妹マヤちゃんです。

まともな画像がねえ!!

叩きつけ
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

←がマヤちゃんです。

説明できないこの可愛さ。
姉に対する態度とか喋り方とか最終的に息ぴったりになる姉妹とか。

控えめに言って最高だな

こよカツ
こよカツ

もちろんデュープリズムには他にも魅力的なキャラクターがたくさん存在します。
キャラのビジュアルがゲーム内のポリゴンしかないところが残念。
リメイクが来たならそれはもう超絶美人なマヤちゃんが誕生する事でしょう。

ファンシー・メルは何歳ですか?それは聞いてはいけない。

デュープリズムのBGM(音楽)は素晴らしい!サントラもおすすめ!

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

とりあえずサントラは買いましょう

デュープリズムを語るうえで外せないがゲーム内に流れるBGM(音楽)です。
全ての曲が丁寧に作られており、耳に残るメロディや様々な場面にマッチした音楽などなど。

何年たっても色あせない素晴らしい音楽だ

こよカツ裏の顔
こよカツ裏の顔

ではここからは完全に独断と偏見で選んだデュープリズム内で好きな曲ランキングを発表します。

好きな曲ランキング 第5位:旅立ちの森(Forest of Departure)

実質チュートリアル的なダンジョンであるカローナの森で流れるこの曲。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

うーん、好きです!

森を感じる事が出来ますし心地よいリズムと綺麗な旋律がメロディが曲の構成がサビっぽい部分が・・・
そんな語彙力を失いそうになるほど素敵な曲です。

ゲームの操作を覚えながらなので必然的に曲を聴く時間も長くなります。

それでも全然苦にならないぜ

こよカツ
こよカツ

愛着が湧いてしまう理由もわかりますよね?
という事で第5位は『旅立ちの森(Forest of Departure)』を挙げさせて頂きました!

好きな曲ランキング 第4位:ラスダン(Last Dungeon)

こちらはラストダンジョンの曲。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

好きだ―!

まさにラスト、これから最終ボスの場所へ向かうぜ!といった気持ちになる事が出来ます。
ラストダンジョンは色んなギミックがあり少し迷ったりもするのですが、この曲聞いてればやる気になるので私は一気に進める事が出来ました。

曲の後半からループして初めに戻るところがめっちゃ好き。
単純にかっこよくて素晴らしい曲だと感じます。

という事で第4位は『ラスダン(Last Dungeon)』を挙げたいと思います!

好きな曲ランキング 第3位:邂逅(A Chance Meeting)

要所要所で流れる曲(だったと記憶)なのですが、ほぼメインテーマのメロディの1部分だけで構成されているのにも関わらず、これがもうめちゃくちゃかっこいい。

かっこよすぎる曲だぜ

こよカツ
こよカツ

曲の始まりに心臓の鼓動のような音が入っているんですが、これがテンションを爆上げしてくれます。かっこよすぎぃ!

という事で第3位には『邂逅(A Chance Meeting)』をランクインさせたいと思います!

好きな曲ランキング 第2位:フィナーレ ~ルウ~(Finale ~Rue~)

ルウ編のエンディング曲です。
いやマジで神~(失われし語彙力)

ルウ編のストーリーとこの曲マッチしすぎててやばいですね。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

何がやばいってこれはマジでやばい!

ルウが歩んできた長く苦しい道のりと、旅の途中で出会った素晴らしい仲間たちと、そして何よりエンディングではこれまでの努力が報われてくれる気持ちの良いストーリー。

この曲の中に全てそれが詰め込まれています。

いい曲過ぎるぜ

こよカツ
こよカツ

という事で第2位には『フィナーレ ~ルウ~(Finale ~Rue~)』がランクインです!

好きな曲ランキング 第1位:フィナーレ ~ミント~(Finale ~Mint~)

ミント編のエンディング曲。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

好きです!第一印象から決めてました!

こちらはルウとは違って最初から最後まで明るくハッピーな曲調。

まさにドタバタコメディ調のミント編ストーリーを表していると思います。
ルウもミントもエンディング曲にはメインテーマのメロディが使われている事もポイント。

私はどうもメインとなるメロディが色々な場面で形を変えて流れる手法に弱いみたいです。
そのメロディが流れると当時プレイしていた記憶が蘇るほどに印象に残ってしまうんですね。

この曲は私の中でまさにデュープリズムそのものでした。

ミント編は推しのマヤ様が出るから周回しまくってたな

こよカツ
こよカツ

という事で栄えある第1位は『フィナーレ ~ミント~(Finale ~Mint~)』でした!

番外ランクイン曲:ファンシーな世界(Fancy Feeling)

みんなのトラウマミニゲーム曲

ファンシー・メル、許すまじ

個人的評価☆5のデュープリズムはリメイクか続編を出すべき!まとめ

OK
こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

本当に名作です!

知っている人は知っている。
知らない人は知らない。

今回はそんな『デュープリズム』のご紹介をさせて頂きました。

デュープリズムまとめ
  • 個性あふれるキャラクター
  • 2人の主人公と2つの物語
  • ゲームを彩る名曲
  • 可愛いマヤ様

素晴らしいキャラクターが出てきて、心打たれるストーリーで、最高の音楽も聴ける。

こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

リメイクか続編を出す選択肢しかないのでは?

そんな雑記でした。

あわせて読みたい
【知らないと損をする】何度も読み返せる完結済みおすすめ漫画5選! 漫画、好きですか?家にいる時間が長いインドア生活者だと自然に漫画が増えていきますよね。 昔とは違い、大人になってからは連載を追いかけて漫画を買うという事が少な...
こよカツ(哀)
こよカツ(哀)

それでは~

デュープリズムお願い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる